すごいコンテナショップ

  • 0120-102-548

海外の事例から見る ~世界のコンテナハウス事情~

2019.11.20  コラム, 特集  

近年ライフスタイルが多様化し、住宅を購入したり賃貸に住むだけでなく、
ホテルを転々とする暮らし方やキャンピングカーで移動しながら生活を営む人が増えています。
そのような家や住所を持たない人は「アドレスホッパー」と呼ばれています。

そんな多様化したライフススタイルの中で、最近注目されているのが「コンテナハウス」という住宅です。

 

 


 

■  コンテナハウスとは?

 

コンテナハウスとは、その名の通り輸送用のコンテナを使用した住宅のことです。

一般的な住宅に比べてかなり安価かつスピーディーに家をつくることがでるため、工期短縮につながります。
またカスタマイズ性にも富んでいるので、自分好みのデザインに設計をすることも可能です。

貨物用のコンテナをそのまま使用しているため、解体もかなり容易で引越しをしたい場合は家自体を持ち運ぶことが可能です。

日本でも少しずつ浸透しており、東京をはじめとした都市部では見かける機会も増えてきました。
「オシャレな街」の代表格であるな表参道や恵比寿などには、コンテナハウスを利用したカフェやレストランが出店しており、
田舎や郊外においては、第二の家(別荘)としてコンテナハウスを使用している人も出てきています。

 


 

■  日本と海外のコンテナハウスの違い

 

日本にも普及し始めているコンテナハウスですが、日本と海外を比べると取扱い上の規格が異なっています。
ここからは日本と海外のコンテナハウスの特徴についてご紹介します。

*日本のコンテナハウス
日本のコンテナハウスで使用されるコンテナは、海上のコンテナとは異なる「建築用コンテナ」を使用されています。これはコンテナハウスが日本の建築基準法建築物と定められているためです。

そのため国際標準規格には準拠していても、日本の建築基準法には適合しない「海上コンテナ」は、国内では住宅用としては使用することができません。

また建築基準法では建築材料についての記述もあり、コンテナの材料がJIS鋼材に該当していないと違反となってしまうので、コンテナを住宅用に使用する際にはJIS鋼材で造りJIS認定工場で溶接を行うことが必要になります。

そのような日本の建築基準法に則って住宅用に製造されたのが「建築用コンテナ」で、構造的には四方を鋼鉄製の壁で支える海上コンテナとは異なり、厚みのある鋼材を柱とした重量鉄骨造になっています。

*海外のコンテナハウス
一方で海外のコンテナハウスでは、国際標準規格(ISO)を満たしたコンテナであれば「海上コンテナ」を使用して住宅をつくることが可能な国もあります。

そのため日本よりもある程度自由が利き、デザイン性に富んだコンテナハウスが数多く見受けられます。


 

■  世界のコンテナハウスの事例

 

 

ここからは世界で有名なコンテナハウスを5つご紹介します。
「これがコンテナで作られているの?」と驚くものあるかもしれません。
それくらいデザイン性に優れています。

 

【1】 RE:STARTポップアップモール

まず1つ目がニュージーランドの首都クライストチャーチにある「RE:STARTポップアップモール」です。

名前の通りポップアップモールにあるお店の全てがコンテナで作られており、
27戸全てのお店がそれぞれ独自のデザイン・店構えをしています。

ニュージーランドを襲った壊滅的な地震からの復帰を目指して設計され、地域の人に新しい興奮とパワーをもたらしました。

 

 

【2】 ボックスパーク・ショーディッチ

「ボックスパーク・ショーディッチ」はイギリス・ロンドンにあるショッピングモールです。
このショッピングモールにあるショップも先ほどの「RE:STARTポップアップモール」と同じく全てコンテナハウスでできています。

モール内で店舗の移動が必要になったときにお店の人がやることは商品を固定しドアを閉めるだけ。あとはクレーンが簡単に移動をしてくれるほど、柔軟性に富んでいます。

【3】 ル・アーブル大学の学生寮

貨物用コンテナを寄せ集めて作られた大学の学生寮です。
使われたコンテナの数はおよそ100個。

外壁の凹凸や縁の質感など貨物用コンテナの風合いを残しつつ、おしゃれでかつ学生寮として適したデザインを施しています。

【4】 アダムカルキンの12のコンテナを使った邸宅

貨物コンテナ建築のキングとも言われるのが、アダム・カルキン(Adam Kalkin)という建築家。

カルキンは12のコンテナを使用し、今までの住宅の常識を覆したような住宅を設計しました。
アルミニウム性のコンテナで作られたこの邸宅は、ガラス壁の開放的な見た目と内装の暖かさを兼ね備えており。2000年代の世界を代表する建築の1つです。

【5】 ジャン・ヌーベルの輸送コンテナレストラン

ウエストパリでの改装プロジェクトの一環で作られた、ジャン・ヌーベル(Jean Nouvel)が始めたレストラン。
このレストランでは、自分たちで育てた食材を使って自給自足をして、料理を提供しています。

スケールがすごく壮大で、おしゃれな演出のためか、あえて無機質な足場で固められたようなデザインになっています。

【6】 地中で冷やされた輸送コンテナの家

スティーブリース・シャーリー夫妻は、輸送コンテナを2つ地下に埋めて、それを住宅として使用しています。

この住宅がある北カリファルニアは日中は非常に熱くなりますが、地下に住んでいることで、四六時中エアコンをつけることなく生活をすることが可能になっています。

また、この家はソーラーシステムと水道システムを完備することで、完全に自給自足の生活を実現しています。

【7】 ステファン・スミスのシッピングハウス

建築家ステファン・スミス(Stephan Smith)が設計したのがケープタウンにあるシッピングハウス。
海を望む崖の上にあるこのコンテナハウスには、周りの自然と融合した造りになっています。

通常の住宅がたくさんの資源を使うのに対して、ステファン・スミス設計したこの住宅は、家の作り方を変えて環境への影響を軽減することから着想を得たと言われており環境に優しいコンテナハウスになっています。

【8】 パトリック・パルトゥーシュのメゾンコンテナ

コンテナハウスのコンセプトを全面的に体現したのがパトリック・パルテューシ(Patrick Partouche)ュのメゾンコンテナプロジェクトです。

このメゾンコンテナの内装は、誰もが住みやすいように断熱材や電池の工事など心地よく生活できるように改造されていますが、外装は実はペイント塗装だけで、元々のコンテナの扉すらもつけたままというくらい見た目はコンテナの姿をそのまま残しています。

【9】 25アワーズホテルハーフフェンシティ

「25アワーズホテルハーフフェンシティ」はドイツのハンブルグにあるコンテナを利用したモダンでスタイリッシュの造りをしたホテルです。

ホテルがコンテナで作られているというのはかなり珍しいと思いますが、各所に輸送コンテナが使用されていることは見受けられるものの、このホテルの全てがコンテナで造られたと思う人は多くないかもしれません。

【10】 BUILDING LAB INC.のオフィス

モダン建築の匠スティーブン・シャウプ(Steven Shoup)は自身の会社のオフィスを高いオフィスを借りる代わりに、中古のコンテナと仕事で余った材料を使い、自宅兼オフィスを設計しました。

 


 

■  まとめ

 

以上が世界のコンテナ事情でした。

これからは今以上にライフスタイルの変化が多様化し、移り変わりが激しくなってくる世の中で、もっと安価に家を持ちたいという人が増えてくるかもしれません。そんなときにコンテナハウスという選択肢は非常に検討する価値がある住宅の形の1つかもしれません。

 


 

■  POCON で取り扱っている4種類のコンテナハウス

 

『凄いコンテナハウスPOCON』では、4種類の高品質なコンテナハウスパッケージをご用意しております。

・ポップアップカフェや店舗利用に対応した「POCON the CAFÉ」
・屋上テラスの取り付けも可能な「POCON the ROOM」
・自分だけのミニマムな空間を持てる「POCON the TINY」
・土地に縛られず自由に移動ができる「POCON the TRAILER」

いずれのパッケージも業界の中でも低価格で手に取りやすいものとなっており、それぞれの用途や目的に合わせてご利用いただけます。

また、オリジナルなコンテナハウスの制作も可能ですので、自分好みのデザインにカスタマイズをしてみたい方もお気軽にお問い合わせください。

※こちらの4種類のパッケージは全て建築基準法に準拠しており、建築確認対応済みです。

 

 


グランピング運営を加速する【delux(デュラックス)】
Deluxs JAPAN株式会社/株式会社ゼンシン
京都府京都市南区上鳥羽南花名町34
075-693-8139

https://deluxs.co.jp/
https://pocon.delux7.com/